日本人だから楽しめる

フランス料理フランス会席という料理は、正式にかたちがあるわけではありません。日本の懐石料理とフランス料理の融合であり、新しいかたちを生み出しているといえるでしょう。ホテルでも楽しめるようになってきており、結婚式に使われることも出てきました。フランス料理のコースに近いものであり、量としては食べやすく抑えられているのが特徴です。そのどれもがおはしで食べることを想定した作りになっているのも特徴といえるでしょう。日本人でも気にすることなく、ゆったりとした気分でフランス料理を楽しめるのですから、普段では味わうことのない優雅な気持ちになることでしょう

日本料理とフランス料理は、どちらも繊細な部分を持っているところで共通しています。素材を生かす作り方も盛り方も、こだわりの強さは同じような性格です。そこに日本のだし文化であったり、箸を使って食べられるような仕上がりであったりといったことが融合しているからこそ、フランス会席は、日本になじんできているといえます。自然に食という意味で楽しめるように、意識することなく楽しめることが、大きな存在感につながってきているのは間違いありません。ホテルを選ぶときにも、食事として単体で考えた時でも、フランス会席は候補に入れておくべきでしょう。

〔参考サイト〕京都のホテル / 東急ホテル