ホテルでフランス会席

懐石料理日本料理のひとつとして懐石があります。日本人にはなじみがあるものですが、茶の湯において来客をもてなすために作られたのが懐石です。懐石料理というと日本人でもどこか遠くに感じてしまうことがある特別なものになるでしょう。ホテルでも懐石を食べられるところがありますが、本来の懐石とは異なる部分を持っているのは、あくまでもお茶を楽しむための食事であったというところになるでしょう。これが、食事を中心とするようになり、会席と区別されるようになりました。フランス会席なども、懐石とは異なり、料理を楽しむために供されるためのもので、趣が異なります。一人ひとりに料理が提供されるだけではなく、食べやすい量に抑えられているのもポイントでしょう。これも本来お茶を楽しむための食事であった名残ともいえます。

ホテルのディナーとして考えた時、フランス会席はやはり楽しみな食事になってくるでしょう。少しずつでもフランス料理をいろいろと楽しめるフランス会席は、日本人好みの趣を持っていることは間違いありません。楽しく食事が取れることもあってさまざまなところでおこなわれるようにもなってきました。幅広い年齢に楽しめるように作られているところもポイントですし、ご飯がつくという会席らしい考え方も持っているところがほとんどです。ホテル選びにも関係してきますので、ディナーの素晴らしい時間を楽しむためにも、参考にして選んで見てはいかがでしょうか。