純粋に美味しいものを

ホテルでの食事はさまざまなものがありますが、フランス会席は和のエッセンスを取り入れて作られているところが特徴です。フランス料理のひとつではありますが、日本人にお楽しみやすい構成になっているといえるでしょう。フランス料理をホテルに併設されているレストランで楽しいと思っても、ハーフコースでは料理数が寂しいと感じても、フルコースでは量が多すぎるというのは珍しいことではありません。いろいろと料理を楽しみたいけれど、できれば1品当たりの量を減らしたいというときには、フランス会席がぴったりです。ランチでも楽しめるところが増えてきているのも、利用しやすくなってきているポイントになるでしょう。

ディナーディナーでは、さらにゆっくりと時間を過ごすことができるようになります。会席という非日常的な気分でできる食事は、普段とは異なる時間の流れを作ってくれるからです。繊細なフランス料理に日本料理の流れがあるというのも、非常に贅沢な時間につながっていくでしょう。それでいながらも、おはしで食事ができるところもフレンチ会席の魅力につながっていきますので、肩ひじを張ったりすることなく、純粋に美味しいものを楽しむことができるのです。