日本人だから楽しめる

フランス料理フランス会席という料理は、正式にかたちがあるわけではありません。日本の懐石料理とフランス料理の融合であり、新しいかたちを生み出しているといえるでしょう。ホテルでも楽しめるようになってきており、結婚式に使われることも出てきました。フランス料理のコースに近いものであり、量としては食べやすく抑えられているのが特徴です。そのどれもがおはしで食べることを想定した作りになっているのも特徴といえるでしょう。日本人でも気にすることなく、ゆったりとした気分でフランス料理を楽しめるのですから、普段では味わうことのない優雅な気持ちになることでしょう

日本料理とフランス料理は、どちらも繊細な部分を持っているところで共通しています。素材を生かす作り方も盛り方も、こだわりの強さは同じような性格です。そこに日本のだし文化であったり、箸を使って食べられるような仕上がりであったりといったことが融合しているからこそ、フランス会席は、日本になじんできているといえます。自然に食という意味で楽しめるように、意識することなく楽しめることが、大きな存在感につながってきているのは間違いありません。ホテルを選ぶときにも、食事として単体で考えた時でも、フランス会席は候補に入れておくべきでしょう。

〔参考サイト〕京都のホテル / 東急ホテル

純粋に美味しいものを

ホテルでの食事はさまざまなものがありますが、フランス会席は和のエッセンスを取り入れて作られているところが特徴です。フランス料理のひとつではありますが、日本人にお楽しみやすい構成になっているといえるでしょう。フランス料理をホテルに併設されているレストランで楽しいと思っても、ハーフコースでは料理数が寂しいと感じても、フルコースでは量が多すぎるというのは珍しいことではありません。いろいろと料理を楽しみたいけれど、できれば1品当たりの量を減らしたいというときには、フランス会席がぴったりです。ランチでも楽しめるところが増えてきているのも、利用しやすくなってきているポイントになるでしょう。

ディナーディナーでは、さらにゆっくりと時間を過ごすことができるようになります。会席という非日常的な気分でできる食事は、普段とは異なる時間の流れを作ってくれるからです。繊細なフランス料理に日本料理の流れがあるというのも、非常に贅沢な時間につながっていくでしょう。それでいながらも、おはしで食事ができるところもフレンチ会席の魅力につながっていきますので、肩ひじを張ったりすることなく、純粋に美味しいものを楽しむことができるのです。

ホテルでフランス会席

懐石料理日本料理のひとつとして懐石があります。日本人にはなじみがあるものですが、茶の湯において来客をもてなすために作られたのが懐石です。懐石料理というと日本人でもどこか遠くに感じてしまうことがある特別なものになるでしょう。ホテルでも懐石を食べられるところがありますが、本来の懐石とは異なる部分を持っているのは、あくまでもお茶を楽しむための食事であったというところになるでしょう。これが、食事を中心とするようになり、会席と区別されるようになりました。フランス会席なども、懐石とは異なり、料理を楽しむために供されるためのもので、趣が異なります。一人ひとりに料理が提供されるだけではなく、食べやすい量に抑えられているのもポイントでしょう。これも本来お茶を楽しむための食事であった名残ともいえます。

ホテルのディナーとして考えた時、フランス会席はやはり楽しみな食事になってくるでしょう。少しずつでもフランス料理をいろいろと楽しめるフランス会席は、日本人好みの趣を持っていることは間違いありません。楽しく食事が取れることもあってさまざまなところでおこなわれるようにもなってきました。幅広い年齢に楽しめるように作られているところもポイントですし、ご飯がつくという会席らしい考え方も持っているところがほとんどです。ホテル選びにも関係してきますので、ディナーの素晴らしい時間を楽しむためにも、参考にして選んで見てはいかがでしょうか。